2016年02月22日

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族

スクウェア・エニックスは、現在開発中のWii U/Wii用RPG『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(以下、ドラゴンクエストX)』の新情報を公開した. 『ドラゴンクエストX』は、人気RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの最新作で、シリーズ初のオンライン対応ゲーム. ゲームスタート時はオフライン状態で物語の序盤をプレイし、そこから先はネットワークにつなぐことで、新たなストーリーを体験していくことになる. オンライン時は、他のプレイヤーと一緒に冒険することもできれば、酒場でAIの"サポート仲間"を雇って1人で遊ぶこともでき、自分のペースでプレイできるという. 作成できるキャラクターは、1ユーザーにつき3人となっている. 今回は、転職システムや基本職"僧侶"についての情報、オンラインプレイ時にコントローラで会話するための"かんたんコマンド"などの情報について紹介する. キャラクターの育成には欠かせない"転職システム" 『ドラゴンクエスト』ではおなじみの転職システム. 今作は、基本職であればいつでも好きな職業に転職でき、転職は町にある"ダーマの神殿出張所"で行うことができる. 初めて転職した職業は、レベル1からのスタートとなるが、一度でも育てた職業であれば、その職業へ戻った時にそのままのレベルで育成を再開可能だ. 戦士、魔法使い、僧侶、武闘家、盗賊、旅芸人の6つの基本職は、転職に特別な条件も必要ない. 他の職業でプレイしたいと思ったら、気軽に転職可能だ. レベルに限らず育成の状況は職業ごとにそのまま残り、それぞれスキルに振り分けたスキルポイントもそのまま残っている. 例えば武闘家で棍スキルに10P割り振った場合、僧侶に転職しても棍スキルに10P割り振った状態でプレイ可能だ. また、各職業専用のスキルも転職後に生かすことは可能だが、特技についてはその職業専用のものもあり、専用特技は呪文と同じように転職すると使うことができない. 僧侶専用の"しんこう心". (専用)の表示がある特技は、その職業でしか使えない. それ以外の特技やステータス強化は、転職後に生かすことができる. ステータス画面を確認すれば、今の職業で使える特技やスキル効果を確認可能. いろいろな職業を育てておけば、本命の職業も結果的に強化できる. 転職システムを活用してキャラクターを育てていこう. 転職システムを活用すれば、1つの職業を育てているだけではできないような戦い方もできる. 上の画面では、僧侶経験のある戦士が"おはらい"の特技で仲間を助けたり、武闘家経験のある僧侶が"おたけび"の特技で敵をおどかしたりしている. 1人はパーティにいてほしい"僧侶" 今回の記事でも、6つの基本職の1つにスポットを当てて紹介する. 紹介するのは回復役としてパーティに欠かせない"僧侶". モンスターイヤホン HPや攻撃力、守備力は高くならないが、回復魔力が高く、呪文を使った仲間の回復や蘇生で頼れる存在となる. menbeltwacon 装備できる武器はヤリ、棍、スティックの3種類で、それぞれに対応した武器スキルを使える他、"しんこう心"という僧侶専用のスキルもある. ヤリや棍など、リーチの長い武器を装備できる僧侶. スティックは杖よりも短い武器で、相手のMPを吸収できる. 左から、モーモンスティック、まてきのスティック、マジカルスティックの武器グラフィック. 【僧侶で覚えられる呪文の例】 ホイミ/リホイミ/ベホイム/ザオラル/ザキ/キアリー/フバーハ/ラリホー リホイミを使っている場面. "仲間1人のHPを50まで少しずつ回復"とあり、HPを徐々に回復させる呪文系統であることがわかる. 【各スキルで覚える特技の例】 ヤリスキル... けもの突き、雷鳴突き、一閃突き 棍スキル... 足ばらい、なぎはらい、氷結らんげき スティックスキル... デビルンドレイン、マジステッキ、チャーミーリボン しんこう心... おはらい、天使の守り、聖なる祈り ヤリスキルの特技"一閃突き"を使用する場面. 目にも留まらぬ速さで相手にヤリを突き立てる特技で、当たれば会心の一撃をお見舞いする. スティックを敵の目の前でくるくる回転させ、敵を混乱状態にさせる特技"チャーミーリボン". loadrehpema 混乱した相手はまともに行動できない! しんこう心にポイントを割り振ると修得できる"天使の守り". あらかじめ使っておくと、その仲間が息絶えてもその場で生き返る特技だ. 強敵相手の時はありがたい. →オンライン時の会話はコントローラでも可能? "かんたんコマンド"を紹介(2ページ目へ).
posted by HamadaHanai at 14:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください